業務内外のことを種々記載しております。

2018.04.25更新

不貞慰謝料の問題が発生するのは、夫婦の婚姻関係が「破綻していない」ときに、不倫してしまった場合です。

もし、夫婦関係破綻後に不倫関係に入ったことをしっかり立証できれば、慰謝料を支払う必要はありません。

最近はラインやメールなどで夫婦間の会話がかなり綿密に記録されていることも多く、これらを証拠として

、婚姻関係破綻後に不倫関係になったのだと明確に主張できるケースも増えてきています。

最近も、このようなケースで、不倫相手の配偶者からの慰謝料請求を退け全面勝訴したケースがありました。

 

また、夫婦関係が破綻する前の不倫であったとしても、夫婦関係が悪化していたと認定できるケースもあります。

そのため、このような不貞慰謝料トラブルが発生している場合には、夫婦関係が破綻していたのか破綻していなかったのか、

また、破綻には至っていないが悪化していたといえるのか、をラインやり取りなどを綿密に調べて、慰謝料が発生するのか、

発生するとしてどの程度の額になるのかという見通しを立て、交渉・裁判に臨むことになります。

 

弁護士に相談して見通しを立てた上で、なしうる主張をしっかりした上で勝負していくことが必要だと思います。

不倫トラブルでお悩みであれば、是非まず一度ご相談下さいませ。

投稿者: 松村法律事務所

2018.04.25更新

交通事故では、車両やバイクの修理代が問題になりますが、その外にも、バイク事故の場合に

問題となるのが、着ていた服やヘルメットなどの損傷の賠償、いわゆる着衣損害の賠償です。

購入時期や購入価格から、現在の時価額を算定して加害者に請求することができます。

バイク事故被害の場合にはこの着衣損害も相当な金額になることが多いですので、請求の

際には忘れないようにしていただければと思います。

投稿者: 松村法律事務所

2018.04.25更新

当事務所は、夜間や土日も電話相談、予約相談を受け付けさせていただいております。

会社にお勤めの方などは特に、平日日中に相談できるところが無くお困りの方が多く、

当事務所にも夜間休日に多くのご相談が寄せられています。

また、当事務所HPは問い合わせフォームも用意させていただいておりますので、

メールでのご相談も受け付けております。

そして、ホームページ上にはネット予約ボタンを配置しており、そこからパソコン・

スマホ操作のみでの相談予約も可能になっております。

それぞれのご都合に合わせてご利用いただければと思いますので、

ご相談お待ちしております。

投稿者: 松村法律事務所

2018.03.30更新

交通事故被害に遭った後は、当然病院や整骨院等に通院されることになると思います。

そして、負傷状況によっては通院が長期に及ぶこともままあります。

しかしながら、負傷内容(頚椎捻挫や腰椎捻挫)については、保険会社が早期に

治療の打ち切りを示唆してくることがあります。そのような場合でも、弁護士から

治療継続のために不可欠な内容の質問を医師に行い、医師からの適切な治療に関する回答があれば、

不当な打ち切りに対応することが可能です。

そのため、事故に遭われた直後に弁護士に依頼をすることが、その後の治療に関するリスクを除去

することに繋がります。京都市内で交通事故被害に遭われましたら、ご自身が加入している自動車保険に

「弁護士費用特約」が付いているかを確認した上で、当事務所にご相談下さい。

弁護士費用特約がついている場合であれば、弁護士費用をご自身で負担することなく、弁護士に相談、

委任が可能ですので、是非ご確認下さい。

 

投稿者: 松村法律事務所

2018.03.29更新

【適正な慰謝料獲得のため、人身傷害特約を使って治療される場合には、是非当事務所に一度ご相談下さい!】

京都市内は狭い道も多く、交通事故が多く発生しています。

交通事故被害に遭った際にありうるのは、「加害者が無保険」であったり、

「加害者に事故の責任があるのに、加害者が保険を使おうとしない」というもの

です。このような場合、泣き寝入りするしか無いとお考えになるかもしれませんが、

そうではありません。

このような場合、ご自身が加入する任意保険で「人身傷害特約」というものを付けて

いれば、事故後の治療費については、自分の保険会社が支払いをしてくれます。

そして、治療終了後には、通院慰謝料も保険会社から払われます。

そうすると、「慰謝料も払われるのなら、弁護士を使う必要はないのでは?」

と思われるかもしれません。しかし、保険会社から支払われる慰謝料額は、

裁判で認定される金額よりも相当に低く算定されています。

そのため、治療期間2~3か月程度の負傷の場合には、裁判所で認定される基準と

保険会社から支払われる慰謝料の差額部分について加害者からの賠償が無くても、自賠責に請求をすることで

確実に回収をすることができます。当事務所はこの形式で、多くの案件で適正な慰謝料を回収しております。

回収金額も数十万円に上ることが多いですので、回収しないと非常にもったいないです。

人身傷害特約を使って事故後の治療をされる京都市の皆様は、是非当事務所に一度ご連絡下さい。

適正な額の回収のため、尽力致します。

 

 

投稿者: 松村法律事務所

2018.03.13更新

離婚を決心し別居してから当事務所にご来所される方が多くいらっしゃいます。

しかし、そもそも離婚の意思が固まった時点で、準備にとりかかり、その上で

別居し離婚を相手に持ち掛けるのが一番ベストです。

したがいまして、離婚を念頭に行動を起こそうとお考えの方は、その時点で

まず一度ご相談いただくのが良いと思います。離婚に向けてご相談者様が

行うべき準備をお伝えし、その後の調停などでスムーズに交渉が進められる

ようにアドバイスさせていただきます。

当職が担当した離婚事件でも、事前の準備が万全であったために、ご依頼者様の望む

結果が得られたケースが多々ございます。

気になる疑問点を持ったままにせず、まずは私たちにご相談下さい。

投稿者: 松村法律事務所

2018.01.12更新

夫婦間で問題となるのは離婚だけではありません。

離婚した後にも、問題が発生することは多々あります。

例えば、「離婚はしたが財産の分け方を決めずに離婚してしまった」

「離婚をして相手に親権を譲ったものの、子供が自分のところに居ついている」

など、お金や子供の問題が種々生じてきます。

このような場合にも、それぞれのケースに対応した法的手続きが整備させています。

弁護士を代理人に立てて申立を行い、冷静かつ合理的に裁判所の中で話合いを図るのが、

解決への一番の近道になると思います。

解決方法が分からない問題が生じましたら、まずは当職らまでご連絡下さい。

投稿者: 松村法律事務所

2017.12.01更新

不倫の加害者(つまり、配偶者と不倫した相手)に慰謝料請求したいが、相手の詳細な情報が不明である、という

場合があります。

しかし、例えば、氏名が分かっており、電話番号や職場が判明している場合であれば、調査の上で

交渉や裁判をしかけていくことができる可能性が高いです。

慰謝料請求をしたいが、どのように動けば良いか分からない、という場合には、当事務所にご相談下さい。

 

投稿者: 松村法律事務所

2017.11.20更新

慰謝料請求にもいろいろなケースがございます。

・こちらも相手も大事にしたくなくて、示談での解決を目指す場合

・相手が全くリアクションしないため、裁判せざるを得ないケース

・交渉からスタートするも折り合いがつかず、裁判になるケース

当事務所では、これらのパターンすべての事案に対応した実績があります。

ご相談者様の意向、相手側の対応を踏まえ、あらゆるパターンに柔軟に対応

して解決を目指します。離婚・男女問題・不貞慰謝料請求などのトラブルが

あれば、まずは松村法律事務所にご相談下さいませ。

投稿者: 松村法律事務所

2017.11.08更新

当事務所は平成29年11月1日より、

京都市中京区丸太町通烏丸東入光堂町420番地京都インペリアルビル5階502号室

に移転致しました。

地下鉄丸太町駅出口から歩いて30秒という駅近に移転することができましたので、よりお客様に

とってアクセスしやすい環境になったと自負しております。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿者: 松村法律事務所

前へ
  • top_tel_sp.png
  • top_tel02_sp.png
  • 24時間対応 ネット予約はこちらから
  • 最新のお知らせ
  • Facebook
  • 弁護士ドットコム
  • 向塾
  • うえはら社会保険労務士事務所
  • オール相談.com